オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

10歳若返りも可能?!シワに効く美容成分

お肌の悩み
シワに効く有効成分

皮膚が薄い人、顔にお肉が少ない乾燥肌の人は要注意!

見た目年齢にも大きく影響する「しわ 」。早い人で30代でおでこや口元に。。気になりますよね。

シワに期待できる成分のうち最近、美容業界特に化粧品に配合で注目されている4つの成分に注目しピックアップしてみました。
こうしてみると、どの成分でも最初は医療の現場のために研究が重ねられ、大量生産ができるようになると化粧品として応用されているようです。

シワに効く成分って?

アスタキサンチン

アスタキサンチンは本来、鮭の赤い色素成分です。他には鯛やえび、カニの一部にも含まれます。

化粧品業界に使われるようになったのは、富士フィルムがヘマトコッカス藻いう藻類からアスタキサンチンを大量に抽出することが可能になったためサプリメントや化粧水,
クリーム,美容液などの化粧品にもアスタキサンチンが配合されるようになったのです。

アスタキサンチンは、紫外線やストレスから発生される活性酸素を体内から排出させたり
その抗酸化力は、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍とも言われています。

レチノールなどの成分

EGF


1962年アメリカの生物学者スタンレー・コーエン(Dr. Stanley Cohen)博士により発見され1986年にノーベル賞を受賞。

EGFとは、「ヒトオリゴペプチド-1」という正式名称を持つたんぱく質の一種で、細胞の再生を促すペプチドの一種です。

医療分野で火傷や傷の肌の再生、皮膚移植、角膜についた傷の回復促進などに応用されています。

以前は「1g=8,000万円」という高額な成分でしたが、大量生産が可能になったことで
近年化粧品などに配合されています。

肝心な生産元というと、バクテリアや動物、人間の細胞(大腸菌や人の尿・・・)から抽出されていますが、植物由来(大麦、大豆、酵母)から抽出されているものまで様々です。

また化粧品自体は国産であっても、EGFの原料は海外産が多いので何から抽出されているか?は気になるところ。

レチノール

レチノールとはビタミンAのs種類であり、油に溶ける脂溶性ビタミンです。

肌のターンオーバーの促進効果や目や粘膜を守り、抗酸化の働きがあります。
またコラーゲン生成を促す効果もあります。

レチノールは1970年代初期にニキビ治療薬として発売されました。
ニキビに使用していた患者が、気づけばシワにも有効であったと偶然にその効能を
発見したのです。

レチノールは、皮膚の細胞を生まれ変わらせるサイクル(ターンオーバー)を
活性化し、同時に新しい細胞の生育を促します。
また真皮でコラーゲンの分泌を高め、ハリや、小じわの改善します。

プロテオグリカン

「プロテオグリカン」はコラーゲンやヒアルロン酸と同じく保水性に優れており、最近注目されている成分です。どのような機能があり、私たちの肌にどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。また、化粧品以外で摂取する方法についてもご紹介します。

プロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸と同様に、私たち人間の体内に存在している物質です。
保水力で知られるヒアルロン酸の約1.3倍もの水分保持力で最近若返りの成分として注目されています。
以前は、1gあたり3000万とも言われとても高額な成分だったために広く普及しませんでしたが、
近年はサケの鼻軟骨(Salmon-PG)から大量に抽出できるようになり比較的安価で安定的に生産されるように
なり、美容業界では注目の成分となっております。

プロテオグリカンは、熱に弱く50−60度で変性が起きると言われています。
ですので、熱処理をされたものであると効果が半減しているので、どのような製法で抽出されたかも確認したいところです

こうした成分はシワに効くという事にはなっていますが、実際にシワがなくなると実感するほどの濃度が含まれていることは化粧品では不可能です。日々の保湿をしっかり心がけたいですね。

シワが消えると評判の有効成分の秘密