オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

30代のニキビをやっつけろ!大人ニキビの原因と予防方法

この記事を書いた人:吉良 裕子

思春期のころはニキビに悩まされなかったのに、30代になってから大人ニキビに悩まされている人は多いもの。

あなたも、20代後半や30代になってから、大人ニキビがでてきた!なんていう経験ありませんか。

では、大人ニキビは何が原因で発生するのでしょうか。

今回は、特に30代で悩まされる大人ニキビについてご紹介します。

大人ニキビの特徴

大人ニキビとは、思春期のころと違い、主に20歳を過ぎてからできます。

思春期のニキビができる箇所は、額や鼻筋など。

これは、皮脂の分泌が多くなっているからです。

反対に大人ニキビは、主に頬やフェイスラインなどにできやすくなります。

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、ニキビができやすい箇所だけではありません。

基本的に、思春期ニキビはおおよそ34年ほど経てば治ります。

これは、生理的なニキビであるからです。

思春期になると、男性だけでなく女性も男性ホルモンが過多になります。

男性ホルモンは、皮脂腺を活発に発達させ多くの皮脂を分泌させます。

毛穴が過剰な古い角質(垢)と皮脂が混じり合った角栓で塞がれ、アクネ菌が増殖してニキビは発生します。

そこに不適切、かつ不十分な洗顔方法などが毛穴の皮脂を参加させたり炎症を起こしてしまいニキビとなるのです。

一方大人ニキビができる原因は、とても複雑なもの。

不潔にしているという原因ではなくて、ストレスや不規則な生活によって後天的にホルモンバランスが崩れることが原因となっています。

そして、たった1つの原因というわけではなく、ライフスタイルに関係していることがほとんど。

そのため、何度も何度もニキビができやすくなるのです。

さらに、気になる大人ニキビを触ってしまい、ニキビ跡が残るケースも多々あります。

大人ニキビができる原因

30代のニキビができる原因を探ってみましょう。

1.ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビができる原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがあります。

ホルモンバランスが乱れる要因に、睡眠不足や不規則な生活、仕事などからのストレスがあります。

これらの要因のなかでも、一番大人ニキビに影響してくるのがストレスです。

ストレスがたまると、ストレスに対抗するようにアドレナリンやコルチゾールというようなホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、ストレス対抗に必要なホルモンですが、同時に男性ホルモンを増やすこともあります。

男性ホルモンは、女性ホルモンと違い皮脂分泌を促進する作用があります。

そして、角質が異常をおこし、皮膚が分厚くなり硬くなるのです。

皮膚が厚くなると、皮脂が毛穴に詰まります。

毛穴に皮脂が溜まった状態だと、アクネ菌に餌を与えることになり、炎症を引き起こします。

すると、大人ニキビができやすくなるのです。

他にも、ホルモンバランスは女性特有の月経の影響もあります。

生理が始まってから排卵まで、女性の体の中でエストロゲンというホルモンが分泌されます。

そして、排卵後から次の生理まではプロゲステロンというホルモンが分泌されます。

プロゲステロンは妊娠の際に必要なホルモン。

しかし、これは皮脂分泌を活発にさせることがあります。

そのため、プロゲステロンが増えることで生理前に大人ニキビができやすくなるのです。

2.肌環境

皮膚には、たくさんの役割があります。

体から水分が失われるのを防ぐことや体温調節、さらに微生物や化学物質の刺激から体を守るという役割を担っています。

特に、肌を綺麗に維持するためには、微生物や化学物質から体を守ることがとても重要になってきます。

フェイスラインは、特に衣服やマスクなど摩擦が多くある箇所であり、無意識に手でも触れている箇所です。

皮膚は、表面にあるバリア機能でホコリや花粉、細菌などの外からの刺激から体を守っています。

しかし、摩擦などの刺激でちょっとした傷ができると、外からの刺激が皮膚の中に侵入しやすくなります。

結果、肌が炎症を起こすことになるのです。

さらに、摩擦以外でも肌の乾燥は、皮膚のバリア機能を低下させるもの。

大人ニキビが気になって洗顔をしすぎたり、保湿ケアを怠ったりすると、肌の乾燥を招きます。

3.食生活

ライフスタイルは、大人ニキビに大きな影響を与えます。

特に、食生活はキーポイント。

不規則な食生活をおくっていると、知らず知らずのうちに皮脂分泌を促す食べ物を摂っていることがあります。

すると、大人ニキビを悪化させることになります。

皮脂分泌を促す食べ物には、脂質の多いものやコーヒーなどのカフェインも含まれます。

他にも、お酒を飲みすぎると、皮膚のターンオーバーに必要なビタミンを破壊することになります。

すると、肌環境が悪くなってしまうのです。

大人ニキビの改善方法

1.ホルモンバランスの改善

ホルモンバランスの乱れは、大人ニキビの大きな要因の一つ。

そのため、ホルモンバランスの改善が大人ニキビの改善の第一歩となります。

睡眠をたっぷりととり、ストレスをしっかり発散させることでホルモンバランスを整えることができます。

ストレス発散方法は人それぞれ。

あなたに合ったものをちゃんと見つけておきましょう。

2.正しいスキンケア

間違ったスキンケアをしていると、肌環境を悪くさせる一方です。

外からの刺激から体を守るためにも、肌をいい状態に保っておかないといけません。

そのためには、毎日のスキンケアがポイントになってきます。

最近は、多くのスキンケア商品が販売されているもの。

あなたに合うものを見つけて、正しいスキンケアを心がけましょう。

皮膚を清潔に保つことが大切です。

3.食生活を見直す

偏った食事ばかりをしていたり、無理なダイエットをしていると、皮脂分泌が異常になることがあります。

食事は、13回。

そして、バランスのとれた食事をとりましょう。

脂質の多い食べ物やカフェインなどは避けることが、大人ニキビを改善する一歩となります。

4.皮膚科に相談する

大人ニキビは、要因が複雑でなかなか改善されないこともあります。

そして、間違った方法でケアをしていると、さらに大人ニキビを悪化させることもあるでしょう。

そのため、専門である皮膚科に相談することもとても大切です。

厚くなった肌を柔らかくさせるものや、大人ニキビを抑える外用薬もあります。

炎症がひどい場合は、アクネ菌が原因ではなく細菌が原因となっていることもあります。

細菌が原因であれば、抗生剤を内服することで大人ニキビを抑えることもできます。

一人で悩むよりも、皮膚科に相談すると少し楽になることもあるので、ぜひ相談してみましょう。

もう作らない!大人ニキビの予防法

1.正しい生活をおくる

寝ている間に、肌の修復や再生が行われるもの。

そのため、肌の改善には質のいい睡眠が必要です。

肌のゴールデンタイムと呼ばれている、夜の10時から夜中の2時までには睡眠をとるようにしましょう。

また、ホルモンバランスも整えてくれるので、この時間に寝るようにすることが大事です。

食事の面でも、野菜やくだものを中心とし、バランスのとれた食事をとるようにしましょう。

また、皮脂分泌を抑えるビタミンB2(ブリ・納豆・卵など)や皮膚炎予防のビタミンB1(豚肉・牛肉・大豆など)も積極的にとり、大人ニキビを予防していきましょう。

2.肌を清潔に保つ

まず、その日の汚れをしっかりと落とすこと。

クレンジングと洗顔をし、保湿を怠らないようにしましょう。

大人ニキビ専用の化粧水を使用し、予防することもできます。

大人ニキビに効果的なサリチル酸(アクネ菌を殺菌する)や硫黄(毛穴が防ぐのを防ぐ)、ビタミンC(皮脂分泌を抑えコントロールする)などの成分が含まれているスキンケア商品を使用するといいでしょう。

いかがでしたか。

30代になると、思ってもみなかった大人ニキビに悩まされることがあります。

そんなときは、何が原因なのか特にライフスタイルを見直し、改善することが大切です。

正しい生活をおくり、大人ニキビをしっかりとやっつけましょう。