オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

女度半減!その肌のゴワつき注意報をなんとかしよう。

この記事を書いた人:コスメスーパーバイザー

普段、何気なくメイクをして「あれ、肌がゴワついてるかも」と感じることがありませんか。
特に若い時は気にならなくても年を重ねてくすみが気になり、

お肌の手触りも違って感じる、そんな時は肌の角質層の厚みに変化があるかもしれません。

ずばり、ゴワつきの原因は角質層にあった?

角質層が乱れて肌のざらつきを感じる原因は、主に3つです。

(1)ターンオーバーの乱れ

表皮の生まれ変わりのサイクルを「ターンオーバー(新陳代謝)」と呼びます。ターンオーバーは、平均で1カ月ほど。古い角質は、通常はターンオーバーの過程で自然とはがれ落ちます。

ターンオーバーのサイクルが乱れると、古い角質が蓄積し、肌のざらざらの原因となります。

(2)乾燥

肌の細胞間脂質が角質細胞をしっかり接着できていないと、角質層に水分をキープできず、肌が乾燥します。
肌が乾燥すると角質がめくれ上がり、ざらざらになると同時に、さらに水分が蒸発して乾燥するという悪循環に陥ります。

(3)角栓

角質が毛穴の出口にふたをした状態を「角栓」といいます。
角栓で毛穴がふさがれると、中に皮脂が閉じ込められ、毛穴の黒ずみや初期ニキビ(コメド)ができます。この角栓も、毛穴のざらざらの原因です。

スキンケアの対処法は?

肌がざらついているからといって、ゴシゴシこするのは禁物です。
肌の表面をいくら力強くこすっても、ダメージを与えるだけで決して、ゴワつきがとれたりしません。

そこでおすすめしたいのがイルチ化粧品のブラックソープです。

ブラックソープはその独特の見た目の色と香りが特徴です。

日本では見たことのない色合いなので驚くかもしれません。

洗顔だけでは落としきれない汚れをしっかり落とせるのが、

弱アルカリ性であるため。日本の製品は弱酸性の洗顔が多く、
これではメイクや古い角質層を落としきれません。落としきれないと顔色も悪く、
くすんでみえてしまいます。

 

また洗浄力の強い洗顔では、肌内部の水分の蒸発を防いだり、
外部刺激から肌を守る皮膚膜まで洗い流してしまいます。

ブラックソープの独特の香りは亜麻仁オイルとラベンダー、イクタモール。

日本ではめずらしい成分ですが、自然派の化粧品として使われています。

肌のゴワつきが気になる方にぜひ一度お使いいただきたい製品です。

これからの季節、花粉やPM2.5、ほこりなどが気になります。

大気汚染対策もかねてしっかり洗顔することが大切です。

 

The following two tabs change content below.