オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

頬の毛穴を目立たなくさせる方法

この記事を書いた人:吉良 裕子
頬の毛穴

「頬の毛穴」・朝、ファンデーションを塗るたびにため息をつきたくなる。。。

年齢を重ねるたびに深くなるような気がして、ため息は増えるばかり・・・
頬の毛穴のたるみがあると、キメが荒く見えたり、たるんで老けて見えた顔が大きく見えることも!

では年齢を重ねると頬の毛穴はなぜ目立つのでしょうか?

頰の毛穴が目立つ原因は

1 紫外線によるお肌へのダメージが蓄積

紫外線はお肌のコラーゲンにダメージを与えるためお肌の弾力が減り毛穴が縦に開いたように弛んでしまいます。また紫外線によって引き起こされる炎症によっても毛穴がさらに大きく見えると言われています。

2 加齢によるお肌のたるみ

年を重ねるとお肌の土台をしっかり支えるコラーゲン(膠原繊維・引く力に対して強い繊維)やエラスチン(弾力繊維・網目状で伸び縮みする)が減少するのでお肌全体が緩み重力によって毛穴が下に引っ張られたように開きます。

3 お肌の水分量と皮脂量のアンバランス

お肌の水分が減るとそれに伴いお肌を保護するために皮脂線が活性化され毛穴が広がります。

上記3つの理由が考えられます。

そんな頰の毛穴のケアはどうしたらいいでしょうか?

まず食事の面からのアプローチから。
Dr.Perriconeは毛穴の改善には積極的に摂取するべき食品と避けるべき食品があると伝えています。積極的にとるべき食品は炎症を抑える食品(anti-inflammatory foods)で
なるべく避ける食品は炎症を起こしやすい食品だそう。


1 深緑野菜(ケールなど)
2 ベリー類(ブルーベリー、ブラックベリー等)
3 深紅のブドウ
4 ブルッコリーやカリフラワー
5 豆類
6 緑茶
7 アボカト、ココナッツ
8 オリーブ
9ナッツ類
10エクストラバージンオリーブオイル

避けるべき食品
1 加工肉
2 砂糖入り飲料
3トランス脂肪酸が含まれる揚げ物
4 精製されたパン、パスタ
5 グルテン
6 スナック菓子
7 炭水化物過多な食事
(Medical News Todayより)
上記の食事を気をつけることにより毛穴が広がり易い体質の人でも改善されるのだそう。

生活習慣からのアプローチはお肌を疲れさせないために下記に気をつけましょう。

1 紫外線対策
2 充分な睡眠時間の確保
3 ストレスの発散
4 禁煙
5 血行の改善
6 充分に水分を取る
7 適切な時間に適切な量の食事を心がける
8 適度の運動

頰の毛穴のスキンケアは原因である乾燥とたるみのケアにアプローチします。

頰の毛穴が気になるからといって間違ったスキンケアをするともっと状況が悪くなるので注意が必要です。
毛穴の乾燥対策

肌の乾燥は、すべての肌トラブルに繋がります。一言で乾燥していると言って、油分の高い保湿をすることは逆効果です。
UVケア、BBクリーム、美容成分の高いファンデーション、、乾燥を防ぐには水分保持の高い以下の成分が配合されている化粧品がオススメです。

1 コラーゲン、エラスチン


2 ヒアルロン酸などのムコ多糖類


3 セラミドなどの細胞質間脂質

 

それでは、化粧水、乳液? 美容液を見直せば大丈夫?

いいえ、違います。

あなたのお肌は常に保湿成分の高い「重たいもの」を上に重ねられています。

お風呂上がりの素肌は、頬の毛穴は目立たないもの。

必要なものは、角質層の深いところまで浸透する潤いです。

そのためには、実は一番必要なものは、「洗顔」です。

正しく洗顔して、肌のターンオーバーが正常化するとお肌が自発的に潤い成分を生成します。
まずはお肌を一旦軽くして柔らかくすることが大切です。

毛穴肌のたるみ対策

若い時は、丸い毛穴の形だったはずなのに、アラフォーになると私たちの毛穴は、
肌のたるみによって開いた毛穴は涙型の形のようになっています。


肌の弾力が低下するのは先に説明したように
加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が減少すること
また、紫外線、喫煙が原因になることも
弾力に必要な「コラーゲン」「エラスチン」や細胞を満たしている「セラミド」真皮にあるヒアルロン酸など。


年齢を重ねるたびに、この大事な美肌成分が減少してしまいます。

まずはコラーゲンのピークは25歳。


あとはどんどん減少します。


40代になると赤ちゃんの頃の半分以下。

 

次に聞きなれない「エラスチン」の説明です。

エラスチンとは英語「elastic=伸縮性がある」とう意味の通り、真皮層の中でコラーゲンと
コラーゲンを結びつける大切な役割があります。コラーゲンばかりが目立っていますが、
はエラスチンなしでは結束することもできないのです。


ですのでコラーゲンとエラスチンはセットで美肌成分なのです。
このエラスチンも20歳をピークに減少していきます。


プルプル肌を作る成分は角質層(肌の表面平均0.2mm)の細胞間を埋める脂質である「セラミド」。お肌に水分を保持してくれますが、こちらは20歳頃をピークにだんだんと減ってしまいます。


20代の頃と比較して、どんどん肌が痩せて劣化すると感じるのは、そのせいです。

頬の毛穴が年々目立つようになるのは、加齢のせいですがスキンケアでも水分保持力を高めるケアが大事になってきます。水分量がアップするとそれに伴い皮脂量もバランスが良くなります。乾燥が気になるといって乳液やクリームをつけすぎるとベースメイクが崩れやすくなるでつける量も注意しましょう。

 

それでも早く頰の毛穴を目立たせなくしたい!という人はベースメイクの仕方を工夫するといいでしょう。


「毛穴○○」などの毛穴用化粧品は毛穴との相性があるのでオススメしません。

色ムラ補正力がありテクスチャーの軽い下地がオススメです。

ファンデーションもカバー力のある重いものは避ける方が賢明で、パウダーファンデーションよりリキッドファンデーションがたるみによる毛穴をカバーするのに向いています。

毛穴の気になる部分にはファンデーションを下から上と小刻みに軽く叩くように塗るようにしてください。

 

シミ・くすみの気になる人は薄手のファンデーションとコンシーラーのダブル使いがいいです。仕上げににふんわりとフェイスパウダーで仕上げると時間が経っても毛穴落ちを防ぐことができます。

 

最後にまとめると


頰の毛穴の原因は

頰のたるみ
乾燥

解消方法は

食事(積極的に摂取するもの・なるべく避けるもの)
生活習慣の見直し
スキンケア
ベースメイクの見直し

頰の毛穴は一度気になると鏡を見るたびに毛穴しか目に入らなくなってしまうほど悩んでしまうものです。


一長一短では毛穴の改善は難しいので自分の目を誤魔化しつつちょっとずつ改善していくようにしましょう!