オーガニックコスメ・イルチ

オトナ肌の
処方箋

季節の変わり目はゆらぎ肌の注意!バリア機能を高めるスキンケアを心がけよう

この記事を書いた人:吉良 裕子

季節の変わり目になると、肌の調子が悪くなる方は少なくありません。

春の肌トラブルは「ゆらぎ肌」の可能性が高いです。

気温や湿度の変化などに肌が付いていけない時期は、肌が花粉など外部の刺激に弱くなっています。このような時に現れる肌トラブルがかゆみ・乾燥・ニキビなどです。

今回は、多くの人を悩ませる季節の変わり目のゆらぎ肌について症状から対策方法までご紹介しましょう。

季節の変わり目に起こる肌トラブルはゆらぎ肌の症状かも

ゆらぎ肌の症状は、敏感肌とよく似ているものが多いです。敏感肌とゆらぎ肌の違いは、一時的なものか慢性的なものかで見極めます。季節の変化が落ち着くころに症状が治まるのはゆらぎ肌です。まずは、どのような症状があるか見てみましょう。

  • 肌がかゆい、ヒリヒリする
  • 普段使っている化粧品に刺激を感じる
  • ニキビができる
  • 乾燥している
  • くすみ

ゆらぎ肌の症状はこれに限ったものでありません。「いつもと肌の状態が違うな」と感じたら、これに当てはまらなくてもゆらぎ肌の症状の1つだと考えてみましょう。このような肌トラブルが、季節の変化が落ち着いても続くようなら敏感肌かもしれません。気になる方は、皮膚科など専門医に診てもらうと適切な処置をしてもらえるので相談してみましょう。

特にゆらぎ肌に気を付けたい季節は春!

日本は1年に4回季節の変わり目があります。特に気を付けたい季節は春です。春は、肌への刺激になるものが多くあり、ゆらぎ肌の症状が現れる方が多くなります。

  • 昼と夜の寒暖差
  • 紫外線が増える
  • 花粉などの刺激

これらは、肌に大きな負担になりストレスを与えています。特に花粉によるアレルギー症状は、肌表面にも現われる可能性が高く注意が必要です。

さらに、春は精神的なストレスである、就職・進学・転勤・人事異動などの環境の変化が起きる季節。このような日常の変化が精神的なストレスとなり、肌トラブルを引き起こすこともあります。

ゆらぎ肌の対策方法はどんなものがあるの?

ゆらぎ肌の対策方法は、バリア機能を高めることです。バリア機能は、ゆらぎ肌の原因である花粉や紫外線など、外部の刺激から肌を守ってくれる機能となります。バリア機能が低下していると、いつもは問題のない刺激が強いものになり肌トラブルを招くことになるのです。

バリア機能を高めるスキンケアを行い、ゆらぎ肌の対策をしっかりと行いましょう。

保湿を重点的に行う

保湿効果優れているセラミド・ヒアルロン酸などが配合されている基礎化粧品を使いましょう。特に注目したいのはセラミドです。肌には、細胞間脂質という角質をきれいに整えて接着剤の役目をしている成分があります。この細胞間脂質の主な成分こそがセラミドです。細胞間脂質が減少すると、肌の水分が蒸発してしまいバリア機能低下させてしまいます。しっかりと基礎化粧品で補うように心がけましょう。

帰宅後にクレンジングと洗顔をする

帰宅後は、花粉やほこりを少しでも早く肌から落としましょう。クレンジングと洗顔時に気を付けたいのは、肌がつっぱるような使用感のものを控えることです。肌の皮脂を落としすぎてしまうようなものは、バリア機能を低下させてしまいます。つっぱり感が強いものは、肌に必要な皮脂まで取り除いていることが多いです。オイルクレンジングをクリームクレンジングなどに変える、洗顔をしっとりタイプに変えるなど対策をしましょう。

ビタミンを摂取しよう

食事で体の内側から肌に働きかけることも大切です。特に注目したいのはビタミン。

  • ビタミンA:皮脂や粘膜を強くする
  • ビタミンC:抗酸化作用の働きで紫外線の刺激から肌を守る
  • ビタミンE:若返りのビタミンとして有名。肌荒れ・ニキビ・抗酸化作用

ビタミンが不足していると、ゆらぎ肌を招く原因の1つになりかねません。意識して摂取するように心がけましょう。

まとめ.ゆらぎ肌の解決はバリア機能を高めることに集中しよう

ゆらぎ肌は、季節の変わり目に現れる一時的な肌トラブルです。ゆらぎ肌の症状が出たら、セラミドなどを配合している基礎化粧品でしっかりと保湿を行いましょう。保湿をしっかり行うことで、バリア機能が働き外部の刺激から肌を守ってくれます。他にも洗顔・クレンジング、ビタミンの摂取などを心がけてみてくださいね。